新狭山駅前接骨院

LINEで送る
Pocket

西武新宿線新狭山駅徒歩1分。交通事故治療では窓口料金が0円で治療が出来ます。交通事故専門の法律の先生と顧問契約を結んでいるため、過失割合や難しい交渉などでお困りの場合でも先生方と連携しサポートいたします。ムチ打ち(頸椎捻挫)、めまい、手足のしびれ、吐き気、捻挫、腰痛、膝痛・骨折などの治療はお任せください。交通事故後遺症でお悩みの方のご相談もお待ちしております。院長は元スポーツトレーナーですので、スポーツ選手やクラブ活動を頑張っている学生さんが数多く通院しており、全員国家資格(柔道整服復師)を取得した施術者が治療致しますのでご安心下さい。また、新狭山駅前接骨院では外反母趾の治療にも力を入れています。体に優しいテーピング治療で痛かった外反母趾が数ヶ月で改善した症例が数多くあります。その他に肩こり・ぎっくり腰・スポーツ外傷・手足の運動障害・めまい・頭痛・耳鳴り・抑うつ・首の痛み・肩の痛み・背中の痛み・関節の痛み・倦怠感・寝違え、骨折など身体の痛みのことならなんでも、新狭山駅前接骨院にお任せください。明るく清潔な院内でお待ちしております。

shop_ph_1ashop_ph_1bshop_ph_1c

新狭山駅前接骨院は交通事故治療に特化した接骨院

西武新宿線新狭山駅北口から徒歩1分。駅の階段を降りたら緑の看板が目印。交通事故対応、むち打ち治療は狭山市の新狭山駅前接骨院にお任せ下さい。

  • 窓口負担0円で治療が受けられます。
  • 1通院につき4,200円の慰謝料が受け取れます。

交通事故治療3つの約束

  1. 交通事故治療専門の施術者が安心、安全をモットーに治療致します。
  2. 正確な診断、わかりやすい説明をお約束致します。
  3. 根本から治療することで、早期回復、後遺症無しを目指します。

保険会社への連絡・症状説明・交渉などは新狭山駅前接骨院が代行致します。

  • 交通事故専門の行政書士の先生と顧問契約を結んでおります。
  • 過失割合や示談交渉、万が一、後遺症が残ってしまった場合など、法律のプロとのスムーズな連携で患者様をバックアップ致します。

交通事故治療は、整形外科・他院から新狭山駅前接骨院への転院が可能です。

医師の診断が必要となる場面がありますので、当院と整形外科を併用しての治療をオススメ致します。転院の手続きも代行可能です。

住所

〒350-1331
埼玉県狭山市新狭山2-9-21

Google Mapで新狭山駅前接骨院の地図を見る

電話

04-2968-1928

診療時間

診療時間
9:00-12:30 9:00-15:00
15:00-20:00

休診日:日曜日・祝日

最寄駅

西武新宿線新狭山駅北口徒歩1分
駅ロータリーより1分
緑の看板が目印です。

shop_map_1_201606

お車の場合

国道16号線新狭山駅入口を駅に向かって直進してください。

駐車場

専用駐車場と提携駐車場をご用意しております。
詳細はこちらをご覧ください。

スタッフ紹介

shop_ph_1d_201505

新狭山駅前接骨院
院長 大嶋 伸雄

卒業校
山野医療専門学校、ナショナル整体学院

経歴

フィットネスインストラクターとして6年間勤務。
整体師、カイロプラクターの資格取得、
柔道整復師の資格取得後、
新狭山駅前接骨院にて勤務。
外傷、及びリハビリテーションを学び、現在に至る

Message

「患者様によって症状の現れ方は様々です
その一人一人の症状を原因から追究し治療する。
そして、症状が改善したら再発しないケアをしていく。」
それが私達の理想です。
その意味で良くなって頂くために、スタッフ全員で全力で情熱を注いでいきたいと考えております。

shop_ph_1e_201505

新狭山駅前接骨院
本田 美穂

卒業校
呉竹医療専門学校

経歴
資格取得後、現在に至る

Message
痛みの原因、感じ方は人によって違います。
女性ならではの悩みや、どんな些細なこともお気軽にご相談ください。
ご来院お待ちしてます。

来院される患者様の多いエリア

狭山市
新狭山1丁目・2丁目・3丁目、青柳、狭山台、狭山、入間川、上奥冨、下奥冨、柏原、加佐志、東三ツ木

Map

外部リンク

むちうちの症状と治療

むち打ちとは、加速、減速により首と頭が“むちを振り回して”しなったような動きを強制され、外力が首にかかり、衝撃が骨や筋肉・靭帯・軟骨・神経が損傷され、それにより様々な症状が引き起こされたものを「むち打ち」と呼んでいます。外力の起き方は、自転車の衝突や転倒、水泳の飛び込みや他の事故に際してもムチウチは起こりえます。

目立った怪我や外傷が無くても受診しましょう

交通事故によるむちうちの損傷は筋肉・靭帯・軟骨・神経がほとんどで、これらはレントゲンで写りません。そのため、単純なレントゲン検査では異常が見られないことが多く、整形外科や病院での診断で「問題が無い」と言われ適切な治療を受けられないケースがあります。交通事故後に目立った怪我、外傷や痛み・症状を感じなくても、身体と神経は大きな損傷を受けてる場合があります。

鞭打ち症にはそれぞれ大きく以下のようにわけることができます。

頸椎捻挫型 頚椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多くみられ、むちうち症全体の70~80%を占めているとされ、首・肩・背中の痛みを引き起こします。
根症状型 神経根と呼ばれる脊髄の知覚神経と運動神経が集まっている部位が損傷すると神経の圧迫が起因となり耳鳴り・難聴・首や腕の知覚異常などの症状が出ます。
バレ・リュー型 頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、自律神経の異常に因り頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気・身体のふらつき・視覚障害・疲労感などの自律神経失調症状が現れると考えられています。
脊髄症状型 頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷つき手や腕の痺れを引き起こし文字が書けなくなったり、お箸が使えなくなったりという症状が現れます。また下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。
脳髄液減少症 一時的に髄液圧が急上昇しその圧が下方に伝わって腰椎の神経根にもっとも強い圧がかかりクモ膜が裂けると考えられています。 脳脊髄液減少症の症状はきわめて多彩で、いわゆる不定愁訴がそれに相当します。

狭山市の新狭山駅前接骨院は豊富な経験と安心な施術(施術者は国家資格の柔道整復師の有資格者)で患者様の痛みや症状を改善し、日常生活を不自由なく過ごされるように、また1日も早く患者様に『笑顔』が戻られるよう努力いたします。

新狭山駅前接骨院Q&A

Q.ほねつぎ・接骨院・整骨院の違いはなんでしょうか?
A.柔道整復師が柔道整復術により施術を提供するのが「ほねつぎ」「接骨院」「整骨院」であり同じものです。「ほねつぎ」「接骨院」「整骨院」は公的に認められた機関であり、保険医療機関と同じように保険証で受診することができます。
Q.肩こり腰痛でも通院しても良いのでしょうか?
A.もちろん構いません。肩や腰のケガが原因の場合もありますので、まずは新狭山駅前接骨院で受診してください。
Q.レントゲンは撮れますか?
A.新狭山駅前接骨院には提携クリニックがございますので、ご紹介させて頂いております。
Q.マッサージはしてくれますか?
A.新狭山駅前接骨院にてマッサージに似た手技療法を行っております。
Q.骨が折れているかはどうやって判断するのでしょうか?
A.以下の様な症状が、判断の目安となります。

  • 患部に腫れがある
  • 患部が変形してしまった
  • 皮膚の色が変ってくる
  • 触ると激しい痛みがある
  • 痛くて動かせない etc.

骨折かどうか判断のつかない場合は、骨折していると考え新狭山駅前接骨院で早目に治療を受けましょう。

Q.脱臼(だっきゅう)とは何でしょうか?
A.脱臼は、関節が外れることで、顎(あご)、肩、肘(ひじ)、指によく起こります。 患部が激しく痛む、痛くて動かせない、また患部が変形している場合は、脱臼の恐れがあります。早急に正しく戻し、きちんと治しておくことが大切です。
Q.打撲(だぼく)とは何でしょうか?
A.強く打ったり、あやまって物を落としたり、またはちょっとした打身でも、意外と痛みが取れないことがあります。これを打撲といいます。胸部の打撲のように、怪我の部位によっては数日後に痛みが出ることがあります。
Q.捻挫(ねんざ)とは何でしょうか?
A.捻挫は、関節周辺の靭帯や腱などが傷ついた状態で、関節が腫れて痛んだりします。
Q.挫傷(ざしょう)・肉離れとは何でしょうか?
A.運動中等に筋肉にストレスが加わり、運動中や運動後に動かすと痛んだりします。筋繊維の断裂によって生じる症状を挫傷・肉離れと呼びます。